白髪染めは何故色が落ちるの?

白髪染めは何故色落ちしてしまうのでしょうか。

ヘアカラーやヘアマニキュアと比較しますと、白髪染めは色落ちしにくいという特徴があります。

それは、髪の毛の内部まで染料が入るためです。

それでも白髪染めはだんだん色落ちします。

この理由について紹介していきましょう。

白髪染めの色落ちの理由としては、髪の毛から染料が出て行ってしまう場合があります。

シャンプーのときに水を使用しますね。

白髪染めの色落ちは水が原因となることが多いのです。

髪の毛に水がつくと、内部まで水が入り込んでいきます。

結果膨張して、髪の毛の組織にあいた隙間から染料が出て行ってしまうのです。

ですので、汗をよくかく夏は冬に比べますと、白髪染めが色落ちしやすい時期と言えるでしょう。

また、夏はプールや海に行くことも増えると思いますので、これも白髪染めの色落ちの原因となります。

次に、白髪染めの染料が壊れてしまい色落ちの原因になってしまう場合もあります。

染料は髪の毛の中で定着をしますが、壊れてしまうこともあるのです。

白髪染めの染料が壊れてしまうと、ほとんどは薄い色になります。

結果白髪染めが色落ちしてしまったと感じることになるのです。

染料が壊れてしまう原因としては、色々なものがあげられます。

日光やドライヤーなどの熱、プールに含まれている塩素なども染料を壊す原因となります。

また、空気によって染料が酸化して色落ちしてしまう・・・というパターンもあるようです。

≪関連サイト≫白髪染めの問題解明改善ナビ

http://www.annuairequad.com/